[↑PageTop]
ブログ検索 タグ検索

! Entry list   (タグ:AppleTV2

検索タグ:「AppleTV2」を含む記事は見つかりませんでした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Seas0nPass 0.8.5 で、Apple TV 2 5.0.1 (iOS 5.1.1) の紐無し脱獄が来ました。
Yes! Yes! Yes!

早速脱獄。
脱獄方法は、こちら

脱獄が終わったら XBMC のインストール。

インストールは、ssh ターミナルでコマンドを打ち込んで行きます。
詳しくは、こちら

これで、非力ながら、省電力な XBMC マシンの誕生ですよ。
これはイイ!
2012/04/10 21時頃

Apple TV2 その3 SHSH Blobs

さて、なんとなく調べただけの、SHSH Blobs 。
今ひとつ理解しきれていない気がするので、もう少し調べてみた。

ついでに、保存ツール「Tiny Umbrella」も使いつつ調べてみよう。

1.iTumes の 復元機能につて調べる。 元情報はココ
 iTumes の復元は、最新バージョンに復元するしか出来ない。この鍵を握っているのが、ECID(デバイスnの固有ID)と、Appleの認証サーバと言う事らしい。
 
 Apple認証サーバでは、ECIDと、現在のファームウェア情報を受け取り、正規品かどうかの判断をし、OKならば、送られた情報を元に、128ビット暗号化で署名された「SHSH Blobs」を送り返す。

 128ビット暗号化された、SHSH Blobs は、当然、改造や加工をすることはできない。
 そして、Apple認証サーバ は、最新バージョンの ファームフェア用の署名しか行わないからと言う事。

つまり、「 Tiny Umbrella 」で、新規に取得出来るのは、実際のハードのバージョンにかかわらず現在 Apple認証サーバ で認証が行えるバージョンの物だけと言う事である。

このAppleの認証システムに対抗し、特定iOSバージョンのECID SHSHを保存、将来のiOSダウングレード・パスを確保するのが、「 Tiny Umbrella 」と言うわけである。

Cydia (Jailbreak App用のストア)に、ECID を登録すると、Cydiaのサーバーが勝手に、ECIDを元に最新バージョンの SHSH Blobs をため込んでいってくれるらしい。いつの間にやら新しいバージョンが出ていても、勝手に保存していってくれるのはイイですね。

現状 ファームウェアのバージョンが、「 4.4.4 」で、最新が「 5.4 」の状態だから、今から使い始めても、何かあったら、「 4.4.4 」に戻る環境を作る事は出来ない事は解った。
2012/04/09 22時頃

Apple TV2 その2

調べた事を列挙だ~!!!

Jailbreakについて調べる。2012年4月9日現在、調べた情報で間違い(古い情報・解釈が間違っている)等の可能性も多々あります。

何事も、自己責任でどうぞ。


とりあえず、気になる単語から調べる。

・SHSH Blobs
・どうやら、デバイスのリストアの際に、必要な物らしい。
・リストアの際には、自分自身のデバイスID(ECID)を、Appleに送り、帰ってきた、SHSH Blobs を元に、iTunesがファームウェアの復号を行い、デバイスに書き込むらしい。
・当然、Appleが返すのは、最新の iOS のバーションの SHSH Blobs 。
・Appleから帰ってきた SHSH Blobs に見せかけて、保存された SHSH Blobs を返してやる事で、保存したバージョンの iOSに復元が可能になるらしい。
・SHSH Blobs は、アップグレード後何かあって、過去のバージョンに戻したい場合に必要となる。
どんどん解析が進んで、新しい Jailbreak の方法が出てくるかも知れないが、とりあえず保存しておいて損はないと思われる。
Tiny Umbrella というツールで、保存出来るらしい。


必要な物は?

・Tiny Umbrella : SHSH Blobs の保存に必要。
・Seas0npass : Jailbreakに必要。
・iTunes 最新版 : Jailbreakに必要。
・.NET Framework 4 : Seas0npass の実行に必要。

・HDMI ケーブル
・Micro-USB Bタイプ ケーブル
・LANケーブル

購入した、AppleTV2 のバージョンは、4.4.4 (iOS だと、5.0.1相当 )だった。
XBMCは、4.4.1 ~ 4.4.4 でインストール出来るらしい。
このまま、アップグレードをかけず、インストールすればいけるな。


インストールの手順は、下記の通りらしい。

1.とりあえず、SHSH Blobs を保存。
2.iTunes を最新版にアップグレード
3.最新版の Seas0nPass を入手する。
4.ツールに従って Jailbreak その際に、PC に Apple TV2 を接続する為には、Micro-USB Bタイプ のケーブルが別途必要。接続時には、Apple TV2には、電源を繋がない事。
5.Jailbreak が完了したら、HDMIケーブル(別途必要)・電源ケーブル・LANケーブル(別途必要)を接続して、
Apple TV2を TVに接続。無線LAN接続でなく、有線接続する事。
5.Apple TV2 の IPアドレスを調べて、ssh接続(ユーザー名:root パスワード:alpine)。
6.ssh 接続出来たら、コンソールから、下記のコマンドを入力
# ssh root@
# apt-get update && apt-get upgrade
# apt-get -f install
# reboot
以上で完了

ssh接続が何なのか解らない人! そう言う人は理解出来るまで危険なので実行しない事をお勧めします。


参考リンク
xbmc.org
HOW-TO:Install_XBMC_on_Apple_TV_2

2012/04/09 21時頃

Apple TV2

無駄に、AppleTV2 を買ってみた。

きっかけは、XBMC という、メディアプレイヤー。各種プロトコルに対応していて、非常に使いやすい。
Xbox360 や、TV(Regza) を使用するよりも、気持ちよく各種サーバーやメディアを取り扱う事が出来る。
イイ! これをリビングで使いたい! むむむ!省電力PC1台組み立てるか?等と考えながらあれこれ見ていた。

「Jailbreak すれば、AppleTV2 で XBMC が動く。」という断片的な情報だけを得た。

値段をみたら、\8,800 最大消費電力は6W と言う事らしく、非常に興味深い。
6W なら、常時On でも、気にならない程度だな。PC を、XBMCマシンに仕立てるよりも、安上がり&省エネだ!
ってか、\8,800 なら、OS (Windows7) より安いじゃん。

こりゃ、買えって事か!? そう思ったら、それ以上の情報は脳に入ってこなくなった。

そして、気が付くと、手元には Apple TV2 が届いていた。


さ~て、Jailbreak の情報でも、調べようかねぇ。
おい! 順番逆だろ!? 調べてから買えよ!

とりあえず、調べてみます。

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。