[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


以前、なんとか、命からがらクリアした「逆襲!2頭の牙獣」。
今回もソロで挑戦してみました。

以前、切れ味が墜ちて、砥石を使って研ぐのにすごく苦労した記憶が残っていて、今回はその対策で青ゲージが長い「鋼龍双」を持ち込んでみました。
火属性が良いのは解ってるんだけど、「研ぐ → 突進食らう → 回復 → 突進 ・・・」と、前回は、相当苦労させられて、ストレスが貯まったのだ!!

へたれの私では、長丁場が予想されるので、マカ壺も何度も漬ける事になるはず! 回復G + 回復+蜂蜜 で、回復薬と、漬けるための素材を多めに用意。
あとは、分離させるための、「眠り生肉」。後半のババコンガで楽するために「シビレ生肉」を用意。

最初は、お約束のババゴンガを寝かせる作業。
侵入したら後ろのくぼみ部分に行って、眠り生肉を設置。
少しいじめてやると、そのうち臭いをかぎつけて肉を食べに行きます。
食べて寝た後は、闘技場の高台側半分のみを使用してドドブランゴを始末。

今回の発見は、砥石や、マカ壺など、時間かかかる動作について。
実は、大したことでは無いのですが、ソロなら高台に埋めろ!高台で研げ!
たった、これだけの事です。
ドドブランゴなら、雪玉を投げる攻撃、ババコンガなら、ダイビング体当たりが、たまに当たりますが、広場で隙を見て埋める・研ぐ・飲むよりはるかに安全です。

この発見で、今回属性攻撃は通らないけど、青ゲージのながい「鋼龍双」を持ち込んだ意味は無くなりました。さらに、頭のSP珠も研磨SPを入れていったのですが、それも無駄でしたね。
「火焔双刃」 + 「強腰SP」でいけば良かった。と言うか、「カクトスエーアガイツ」が有れば一番良いんでしょうけどね~。

20090105_do.jpg

あとは、ドドブランゴの時狭いくらいで、普通に戦うだけです。
というかブランゴ呼ばれないのでドドブランゴは楽なはず。

楽と言ってもへたれな私。余裕で35分針です。時間かかるな~。
乙らなかっただけ、ましと言う事にしておきましょう。

ネット見てると、15分針だの、10分針などと、すさまじい事が書いてありますが、
ここは、「へなちょこの足跡」ですから、生暖かい目で見守ってやってください。

そうそう、今回もう一点気が付いた。ドドブランゴの捕獲タイミング。
怒ってない時のほっぺたの色が変わるんですね・・・。いままで知らなかったよ。
ドドブランゴの捕獲サイン


mhf_20090104-223200.jpg
ババコンガの捕獲タイミングはさっぱり不明。
知ってる人、誰か教えてください。

捕獲タイミング、砥石etcに使用場所など、改良すべき点が見えたなかなか有意義な狩りでした。
後日、もう一度改良点をふまえて挑戦してみたいですね。
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。