[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2009/11/25 21時頃

Vmware Player + ESET Smart Security

さて、嫁PCなど、何台かのOSを再インストールすることになった Ferioです。

いちいち、Windows Update であれこれパッチを当てたり、サービスを手動で、プチプチ止めたりと、そんな事が面倒で、その手間を省く為に、もっと面倒な事をしていたります。

Windows 2000 の時には、色々お世話になった、HFSLIPというツールを使って、Updateファイルを、インストールCDに統合してしまって、その後、nLiteというツールで、ドライバーを統合したり、要らないファイルを削ったりして、インストールOSをカスタマイズして、再インストールに使用してきました。

統合して、ちゃんと出来ているかのインストールテストには、Vmware Player を使用して、バーチャルマシン上でテストしてました。
最近新しいPCになったので、テスト環境が有りません。そこで、早速 インストールCD のカスタマイズから、テストまでの環境をセットアップすることにしました。

テスト環境を作るために、早速 Vmware Player 2.5をダウンロード。
VMX Builderもダウンロードして、プロジェクトファイルを作成。

HFSLIPで、Updateファイルを統合した isoイメージを作成して、Vmware Player上で、インストール。
ここまでは、特に問題もなくスムーズ。流石に慣れたもんんだね。

しかし、ここで問題発生。なんと、VMware Player 上で、ネットワークが繋がらない!
あれ?今まで、苦もなく繋がってたのにな・・・。

192.168.1.xxx のIP アドレスを指定しているはずなのに、なぜか169.254.xxx.xxx のアドレスを使用しようとしている。どうやらこれは、Zero Configuration Networking と言う機能の影響で、通信が出来なかった場合に、自動的に割り振られるアドレスのようである。

???

ってことは、VMwareのブリッジネットワークがおかしいってこと?
それとも、セキュリティソフトの、 ESET Smart Security が悪さをしているのだろうか?

とりあえず、ESET Smart Security のパーソナルファイアウォールを止めてみた。
通信出来てるじゃん。 ESET おまえか!!!

じゃ、どうやって通信させたらいいんだ?どうやって穴開けるの?
設定を触ろうにも、該当しそうな事頃が解りません。
と思ったら、設定項目がちゃんと有りました。 いや~こんな項目が有るとは!らくちんです。

ESET Smart Security ブリッジネットワークの設定
ちゃんとブリッジネットワークを許可する設定が有った。

VMware Player で、Windows XP のインストールテスト
早速ブリッジネットワークを有効にしてみると、ちゃんと繋がったよ。
いや~よかた。良かった。

とりあえず、下記の7つのアップデートが統合から漏れている or 統合出来ていない事が判明。
KB963707 ・ KB953297 ・ KB974417 ・ KB905474 ・ KB976749 ・ KV974455 ・ KB961118
また後日試そうかな。
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。