[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

今年の年末年始の「迎春祭」はいいですね。
何がイイって、「凄腕ハンターへの挑戦」がいい!

今回紹介するのは、古龍種の汎用素材が手に入る「暴君のなわばり」が凄い!
古龍種の特濃血も、剛翼も出ます。

とは言え、相手にするのは凄腕ラージャン3頭、しかも常に2頭同時に存在して、2頭とも同じエリアからスタート。
以前の2周年記念のイベントでボコボコになった記憶が蘇ります。

しか~し、ハメが発見されてました。
峡谷ラージャン、崖下ハメ
これが、実に単純に、崖下から撃つだけ。
なんで、以前気が付かなかったんだろ?って思うほどですよね。


完全に「ワニワニパニック」状態
スコープで覗いて、がけから顔を出したらひたすら撃ち込む。もう、完全に別のゲームです。
はっきり言って、「ワニワニパニック」を思い出してしまいます。

なんだかんだ言いつつ、ハメを利用して、剛翼を狙う私。

素材が面倒 → ハメ → 簡単に作れないようにする。 → 余計に面倒で、効率的に素材を手に入れる方法を必死に探す。 → 行き着くのはハメ → 要求素材がさらに厳しくなる → 面倒 → さらに効率的に素材を集める方法を探す。 → いつまでも続く・・・

毎日、昼も夜も狩りを続けられる人が居る以上、そう言った人に難易度を合わせるなら、こうなるんだろうね。

けど、モンハンって、もっとライトなゲームだと思ってたよ。
ますます、追いつけない事が増えてきた気がします。
ライトゲーマーは、追いつくことを考えちゃダメなんでしょうね。

どうすれば楽しいのか、考えるべきなんでしょうかねぇ。
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。