[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2010/01/05 20時頃

基礎講座:剣士編

最近、すっかり調べる事もさぼって、ハメで戦ってばかり。
堕落しきったハンター Ferioです。

もう一度、基礎からシステムを見直してみようと思って、調べてみました。
以前書いた、攻撃スキルと重複する部分も、多くありますが笑って許してください。

引用する計算式は、Freedomさんから、拝借しております。

剣士の攻撃とは?

 片手剣・大剣・太刀・双剣・ランス・ガンランス・ハンマー・狩猟笛 での攻撃です。
当然、強い武器・弱い武器など、があるわけですが、そもそも強いとはどういう事?
それは、攻撃力が高いと言う事でしょう。

では、攻撃力とは?武器を見ると表示されている数字の事でしょうか?
じつは、それは間違いです。アレは見せかけの数字です。大剣や太刀、ハンマーや狩猟笛などの鈍器は、イメージ的に強力な攻撃が出来そうです。そんなイメージを反映させた見せかけの数字です。
同じ種類の武器同士なら、当然大きい方が強いのは確かなのですが、武器の種類が違うと、簡単には比較出来なくなってしまうのです。

武器倍率

モンスターハンターでは、武器本来の攻撃力は武器倍率と呼ばれる値で決定されており、表示される攻撃力は、その武器倍率に武器毎の一定な値をかけた値なのです。

大剣・太刀 は、4.8倍  片手剣・双剣 は、1.4倍  ハンマー・狩猟笛 は、5.2倍  ランス・ガンランス は、2.3倍  ボウガン・弓 は、1.2倍 以上のように決まっています。
強力な攻撃が出来そう武器は、大きな値をかけて見かけの攻撃力を大きく見せているのです。
武器倍率は、表示されている攻撃力を、上記の値で割った値となります。

モーション値

武器そのものの、攻撃力は解りましたか? 次は攻撃方法による威力の差です。
モンスターハンターでは、モーション値という値で決定されているようです。

各攻撃それぞれに、武器の攻撃力の何%程度のダメージを与える攻撃なのかが設定されています。

大剣
縦斬り48
なぎ払い36
斬り上げ46
ため斬165x110%
ため斬280x120%
ため斬3110x130%
太刀
踏み込み33
縦斬り28
斬り下げ30
突き20
斬り上げ23
気刃無斬16


片手剣 120%
JP斬り16
斬り下げ13
横斬り11
剣と盾8+12
回転斬り24
斬り上げ15
ガード斬14
双剣
斬り払い12+6
斬り下118
斬り下210+8
斬り下36+12+18
左回転斬15+10+6
右回転斬15+10+6
斬り上げ19
双剣(鬼人状態)
斬り払い16+8
斬り下124
斬り下213+10
斬り下38+16+24
左回転斬(20+13+8)x2回
右回転斬(20+13+8)x2回
斬り上げ25
乱舞開始33
乱舞中8x8回
乱舞終了40


ハンマー
縦振り152
縦振り220
振り上げ100
横振り15
回転開始20
回転中10x5回
回転終了40
タメ145(15)
タメ245+35
タメ320+76
狩猟笛
叩きつけ15+48
左回し31
右回し31
つか殴り12
演奏開始22
演奏143
演奏238
演奏341
演奏終了26


ランス 斬100% 打72%
中段突123
中段突223
中段突330
上方突128
上方突228
上方突330
突進20xn回
フィニッシュ突40
ガード突20
ガンランス 斬95%
踏み込み34
前方突121
前方突221
前方突328
斬り上げ30
上方突124
上方突224
上方突324




肉質

モンスターを攻撃する上で、無視できないのがこの肉質です。
この肉質により、どんな攻撃がどの部位にどの程度効くかを決定します。
各モンスターの詳しい肉質などについては、Freedom等で自分で調べてみてください。
攻撃の属性は、切り裂く「斬撃」と、叩き付ける「打撃」、今回は考えていませんが、ボウガンなどの「弾」での攻撃
があり、武器によって属性が決まっています。
モンスターによっては、特定の武器に対して、弱点が明確に設定されている物や、特定の部位に弱点が設定されている物などがいます。

攻撃の物理ダメージは、「武器倍率×モーション値×肉質×斬れ味倍率×斬り方×武器補正×会心」で計算されますので、肉質を考えて攻撃しないと、ダメージには大きな差が出ます。

明確な弱点が設定されている例として、リオレウス【希少種】を見てみましょう。
部位
258025
355540
背中202540
354550
尻尾252570
802030
254050
例えば、太刀で攻撃する場合、頭(肉質20)と、翼(肉質80)では、3倍近いダメージ差になります。
こうして改めてみると、モンスターの肉質を理解して的確に狙う事は狩りをする上で、いかに重要な要素であるか解りますね。
ただ、明確な弱点もなく、ただ全身硬いだけの面白みのないモンスターも結構居ますけどね~。


また、物理攻撃のみでなく、属性攻撃に対しても肉質は設定されており、属性の効く効かないもにも影響を与えます。
変種には、属性攻撃に対してマイナスの値を持った肉質が設定されている部位が多く、属性武器が使いづらかったりします。

まだ、会心率や、切れ味補正など、攻撃力を決める要素はありますが、根本的な部分はこんな所ではないかと思います。

こうした物理攻撃の攻撃力・属性攻撃の攻撃力・さらには、以前書いたスキルや、食事・笛などの効果など、様々な要素を計算して、ダメージは計算されています。

ハッキリ言って、様々な要因をいちいち手計算はしてられませんので、ダメージシミュレータででも、実際のダメージの差を調べてもらうのが手っ取り早いと思いますが、各モンスターの部位による肉質の差だけでも、見てみると良いのではないでしょうか?
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。