[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2010/06/16 19時頃

緊急事態

家に帰ると、メダカの水槽を眺め、餌をあげるのが日課になしました。
昨夜は、外で食事をしてちょっと遅い帰宅。

水槽を見ていると、なんだかマツモが成長して長くなった気がします。
もともと水深の浅い水槽だから、あっという間に水面に届いて、でろ~んと横に伸びています。
やっぱり、マツモを無理矢理植えずに浮かべた方がいいのかもしれない。けど、最初くらい植えてみたかったんだよぅ!

そんなわけで、伸びすぎた先端部分を、枝分かれした先で切り取った。先端は、表のバケツにでも放置してみよう。

その後、底面フィルターに移行する前に、外掛け式を生物濾過主体に改造しようかと買い込ん水槽内に沈めてあった網に入った濾過網を引き上げると、メダカがふら~と浮いてきた。
(´д`)
10匹いたメダカが昨日9匹になり、死体も見つからなかったので、てっきり猫におそわれたと思っていたメダカは、濾過材のの網に引っかかっていたのだ!

なんて事でしょう!9匹しかいないと気が付いた時点で確認するべきだった・・・。
かわいそうな事をしてしまった!

と思っていたら、なんとそのメダカが動き出したのだ!死んではいなかった。
しかし、左の胸びれは明らかに下がってしまっている。けがをしたのだろう。
背中にも、白い部分がある。けがをしたのか? 病気になったのか?

とにかく、今のままでは元気な9匹に負けて餌を食べられないのも目に見えているし、病気なら蔓延する可能性も有るので、あわてて隔離だ!!
プラケースしかないのでその中に隔離した。

隔離の作業が終わった後、次の犠牲者が出ないように、ネットに入った濾過材をネットから出して、そのまま底に沈めておく事にした。

濾過材をバケツに取り出すと、濾過材のネットにメダカの卵がいくつか付着しているのを確認!
(´д`)
水槽を分けて飼育するつもりは無かったので、水草に付着している卵などはそのまま放置していた。
もし、自然に増えたならそれでよし。増えられないなら、水槽の容量が足りないのだろうと考えている。
だから、別水槽で繁殖をする計画は無かったのだ。だが、なぜか卵が採取されてしまった。
ネットは危険なので、もう水槽には戻せない。かと言って卵をネットごと捨ててしまうのは忍びない!
そこで、卵も隔離することに。

あわてて、使えそうな物をあさってみる。 1Lのペットボトルくらいしか見あたらない。
ペットボトルを切断して、隔離水槽の中に入れておく事にした。(メインの水槽では流れていってしまって、うまく設置する場所が無かった。)
ペットボトルを切って、火であぶって角や棘を落として丸くする。
その後、もう一本マツモを切り取ってペットボトルに投入。様後をネットから採取してその中に投入。

ここまで作業をして、時計を見ると、既に0:00。本日終了~。

もう寝る時間じゃないか!おい!MHFやってないぞ!

関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。