[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2010/07/10 08時頃

ピートモスの使用量は?

さて、メネデールの使用量は判明しましたが、ピートモスについては、どうも決定的な情報が出てきませんね。

調べてみると、どうやら最初に煮沸消毒した方が良さそうなことだけは解りました。

とりあえず、どの程度の効果があるのか解らないし、量も、煮沸の時間も解らないので、適当にいってみよう!
購入したのは、無調整のおがくず状のピートモス。
ネットで見ると、日本産の長繊維ピートモスの方が扱いやすいみたいだけど、売っていないのでとりあえずはコレで。

一緒に購入したお茶パックに詰めれるだけ詰めて、嫁にもらった要らない鍋で約10分ほど煮てみました。
煮終わった茶パック詰めのピートモスを、8lのバケツの入れた水の中に投入。
とりあえずpHwo計りつつ様子を見てみます。

24時間経過しましたが pHは7のままで変化無し。こりゃ、煮すぎたか?
ちなみに煮汁は、検査役の想定限界 <pH5.0まで phが下がっていました。
とりあえず、しばらくこのままpH計りつつt様子見だな。

そんな急激に変化してもらっては困るけど、効果がないのも困るよね。
仮にお茶パック1個で効果があったとして、水槽に使うと思ったら、約3倍の量が必要って事はお茶パック3個ですよ?どこ入れておくんだよ!

底面ろ過、外掛け直結で、外掛けの中にもジクラのろ過材突っ込んであるから、ろ過材と交換するか?
もう、底面だけでも十分機能するだろ?
と、思いつつも、いきなり環境が変わるのは恐いよね。 う~ん参ったね。
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。