[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

2010-09-20 » ロバパン大好き ... edit
岐阜のロバのパン復活までにはいろいろなドラマがあるそうですよ。

Post

管理者にだけ表示を許可する

2010/09/18 21時頃

ロバのパン屋さん

子供の頃はよく見かけた、「ロバのパン屋さん」。
みなさんはご存じですか?

ロバのおじさん チンカラリン
チンカラリンロン やってくる
ジャムパン ロールパン
できたて やきたて いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン♪


Youtubeに歌が有るじゃん!

こんな歌を流しながら、やってくるパン屋さん。パンと言って蒸しパンですね。
もう何十年も見かけなくて、町中で販売するのは辞めてしまったのかと思ってました。


しか~し! 今日見かけましたよ!懐かしさのあまり、会社を抜け出して購入しちゃったじゃないかw

販売員の人に話を聞いたところ、どうやらこの方の息子さんが本家直系。
先代・先々代が、続けてお亡くなりになったため、製造出来なくなったと言う事でした。と言う事は先代の奥さんって事か!20年ぶりくらいに復活と言うことでした。
それで、当時修行していたお弟子さんに当たる人が四日市で製造しており、復活したそうです。

頂いた名刺に、URLが載ってました。
ロバのパン
昭和の初め、京都で始まったと言われるロバのパン。
ロバは自動車に変わりましたが、パンの味は昔のまま・・・
2009年岐阜で復活しました!!
なるほど! 最近復活したんだね。


Youtubeに動画が有った! 今日見かけたのもまさにこの車!


私が幼稚園児だった頃は、本当にロバ?いや、馬か?が、引っ張ってくるもので、色とりどりの小さなゼリーがまぶされた蒸しパンを買って貰った事を思い出します。

ついでだから色々調べてみたよ。
どうやら、ロバのパンは、株式会社ビタミンパン連鎖店本部という、京都市に本社を置く蒸しパンの行商を行なっていたチェーン店で、この記事によると
実は「ロバのパン」、共通なのは「パンの素」と呼ばれる秘伝の粉とテーマソングだけで、あとは各連鎖店が独自にやっているのです。

本部webサイトによると、現在(2005年02月)、東は三重・四日市から西は九州・熊本まで、本部を含めて10の連鎖店があります。
このころは本部の公式ページも存在していたようですが、現在はそのページは存在していません。

京都にあった本部が撤退し、ロバのパンは この世から姿を消したらしい記事も見かけました。
って事は、その理由が、話していた先代・先々代が続けて亡くなったって事なのかもしれませんね。
そして、岐阜で復活した訳か~。
ネットを見ていると、愛知では40年ぶりに復活とか言う記事も見かけましたので、岐阜の連鎖店が20年ぶりに復活と言うことなんでしょうね。


四日市で製造されているのは「パンの素」と呼ばれる秘伝の粉って事でしょうかねぇ。それもと、蒸しパンそのものなのでしょうか?
しまった~。こんなに複雑な形態だとは思ってなかったから、詳しく聞いてないな(汗
「共通なのは「パンの素」と呼ばれる秘伝の粉とテーマソングだけ」という、先程の記事を考えるとやっぱり「パンの素」かな?
四日市→岐阜なら、車で1時間半~2時間かからないとは思うけど、わざわざ蒸しパンを四日市で製造して、岐阜で販売しないような気がするよね。粉だけの方が、輸送にしろ、保存にしろ、しやすい気がするもんね。
【追記】
どうやら、毎日四日市までパンを仕入れに行き、岐阜で販売しているようです。

私の記憶の中にある、色とりどりの小さなゼリーがまぶされた蒸しパンは、当時の岐阜の連鎖店が作っていた物という事かな?

調べるほど、色々な事が解り、もう一度会って話がしたくなりました。
また見かけたら、買い物がてら聞いてみたいな。





当時「ロバのパン」を買って貰っていた子供は、大人になり自分の子供にパンを買う身となりました。
今日購入したパンは、子供の頃の事を色々思い出し、懐かしさに浸りつつ食べたいと思います。
私の記憶の中では、土曜日とロバのパン屋が結びついていて、もう懐かしさあふれ出してきたよ。
泣ける2ちゃんねる - 俺が子供の頃の土曜日ってよかったなぁ
関連記事

Comment

2010-09-20 » ロバパン大好き ... edit
岐阜のロバのパン復活までにはいろいろなドラマがあるそうですよ。

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。