[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2010/09/27 19時頃

大人は笑ってはいけない

会社に出社してみると、ガラスが割れていた。で、警察に被害届を提出。

やってきた警察官に状況を説明。
そのときに、ふと警察官の腕を見ると、岐阜県警のマークが付いていた。

どうやら、岐阜県警のマスコットらしいキャラクターが描かれている。(参考:”らぴぃ”誕生ストーリー

ただでさえデフォルメされているキャラクターを、正面から見て書いた図案。
真剣に受け答えしている中で、あまりにも緊張感のないキャラクターが、ごつい警察官の腕に付いている。
このアンバランスさが、笑いのツボにヒットですよ!

真剣に状況を説明しているのに、吹き出しそうになった。
誰だ!あんなマーク腕につけるの考えた奴! 反則技だぞ!

緊張感無さ過ぎ!


頭の中では、妄想全開!
緊張感みなぎる、逃走犯立てこもり現場。続々と応援に集まる岐阜県警のごつい警察官達。
しかし!腕にはかわいらしい「らぴぃ」。
華麗な逮捕術で犯人を逮捕しても腕には「らぴぃ」。
珍走団を追跡している警官のうでにも「らぴぃ」。

もしかしたら、制服以外にも付いているかもしれない。

警察官にはつきものの柔道。胴着の胸にも「らぴぃ」。
お弁当も「らぴぃ」のキャラ弁。
パンツ(もちろんブリーフ)のバックプリントで「らぴぃ」。

危なかった・・・。

対応してくれた警察官の方、ごめんなさい。頭の中ではこんな事考えていて、返事が遅くなりました。
こんな事、絶対言えない!
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。