[↑PageTop]
«
»
ブログ検索 タグ検索
申し訳ありません。 該当する記事は削除、又は、公開中止の可能性があります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

2011/11/19 22時頃

PIO病

先日から、古いCDを取り込んで、MP3化していく作業を始めたのですが、取り込みに最近何か違和感を感じているものの、原因がわからなかった。

しかし、その違和感が昨日判明したのだ!

取り込んでいるときに、ドライブの回転速度が速くなったり遅くなったりを繰り返すのだ。
以前は、早くなったらそのまま終わりまで取り込んでいたのに、なぜ途中で回転数が落ちるのか?

そこで気になったのだ、DMAの転送モード。ビンゴ! いつの間にやら、PIO病にかかっていたらしい。

PIO病とは、WindowsがBIOSから正しい転送モードを受け取っていない時など、なんだかの理由で、DMAの転送モードにPIOしか利用出来なくなる病気。
層状は、「ドライブ(HDD、DVD)のアクセスが異常に遅い」

対処としては、発症したIDEチャネル削除を行い、デバイスの再認識とドライバーの再インストールを行う事で、殆ど完治します。詳しくは自力で調べてくださいな。いちいち説明するのも面倒だ~。

しかし、昨日はそれでは治らなかった。
と言うか、事態は悪化した~。なんと、ドライバーの再インストールでエラーが発生して、ドライバーの再インストールが、完了しなくなってしまった。なぜ?

結局システムのリカバーで、事態は収拾したのですが、かなり焦りました。
しかし、バックアップしたのは、約1年前。この1年間追加やアップデートしたソフトに関しては、再度インストール&設定し直し。いや~~~~!!
さ~て、休みの日に、じっくり作業するかな。

バックアップしてなかったら、OSから再インストールになるのかな・・・。怖い。
関連記事

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する


HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。